ペット供養

犬、猫ペットちゃんの初盆の供養は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬や猫、ペットちゃんが亡くなり、初めての迎えるお盆を初盆(または新盆)といいますが、どのような供養をしたらいいか?人と同じように盆提灯などで迎えてあがるのがいいのではないでしょうか?人の場合には、地域や宗教によって様々ですが、ペットちゃんの場合には、飼い主様ご自身のやり方でお迎えしてあげてください。何より大切なのは、その子を想うことです。

初盆とは? お盆とはいつ?

大切な子が亡くなって初めて迎えるお盆を初盆(新盆)といいます。
お盆には、虹の橋に旅立ったあの子の霊が帰ってくると考えられています。
そもそも、お盆とは、仏教による行事で仏教用語では、「 盂蘭盆(うらぼんえ) 」「 盂蘭盆(うらぼん) 」というそうです。

初盆とは、四十九日を過ぎて忌開け後に、迎えるお盆が初盆となるので、四十九日の法要をおえる前に迎えた盆は初盆ではなく、翌年が初盆となります。
お盆は、地域によって異なりますが、7月または8月の13日~の4日間となります。近年では、会社などの夏休みに合わせて8月に行うところが多いようです。

お盆のスケジュール

まずは、お墓や仏壇まわりをきれいにお掃除し、 盆棚(精霊棚 ) を飾りましょう。そして、わが子が迷わず帰ってこられるように、提灯などで光を灯して目印をつけてあげましょう。

13日夕方に、迎え火をたき、わが子の霊を迎え入れます。
14日~15日には、お線香、ロウソクをあげ、大好きだった食べ物や、一緒に遊んだおもちゃなどを用意して、家族みんなで思い出話をしたりと想い思いの供養をしてあげましょう。
16日夕方には、送り火を焚きあの子の霊をお送りします。

迎え火、送り火のやり方

迎え火、送り火とは、皮を剥いだ麻 「おがら」を、玄関先やお庭で、 焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの平皿で燃やして火を焚きます。 藁やろうそく(キャンドル)を用いる場合もあります。最近では、迎え火、送り火をイメージして作られたキャンドルもありますので、便利なものを利用するのもよいでしょう。
火を焚くことができない場合には、盆棚の提灯などで大丈夫です。

盆棚・精霊棚の飾り方

左:水の子、右:精霊馬

地域や宗教により様々な形がある、盆棚ですが、ここでは、手に入りやすいもので手軽にできる盆棚の飾り方をご紹介します。

位牌(位牌がなければ写真など)、ロウソク、花立、香炉は、いつも仏壇にあるので、いつも通りに並べます。お花は、桔梗(キキョウ)やハギなどが用いられます。お花は特に決まりはないので、飼い主様が好きなお花でよいかと思います。

お盆ならではのものですと、
マコモ
マコモというイネ科の草で作ったござのことで、お釈迦様がマコモで編んだゴザに寝かせて病人を治療されたと言われていることから、盆棚の下に敷かれるようになったそうです。マコモは仏壇店やネット通販で手に入れることもできますが、なかなか馴染みがない方が多いのではないでしょうか?手に入りにくい場合には、代用品などを使うといいと思います。
精霊馬
割りばしや爪楊枝などを使い 、キュウリで馬、ナスで牛を作ったものです。
霊が馬にまたがり、早く霊に帰ってきてほしい、牛はゆっくり虹の橋へ戻ってほしいという意味があるそうです。これも地域や宗教により違う意味をもつこともあります。
誰でも手軽に手に入る野菜ですので簡単に作りことができますね。
最近では、 いろんな素材で ミニサイズのかわいい精霊馬が、商品化されています。

かわいい精霊馬


虹色 クリスタル精霊馬

淡く彩色されたガラス製の精霊馬は、見る角度によって虹の橋の虹のように輝き、とてもきれいでかわいい精霊馬です。


パステル精霊馬セット

パステルカラーのちりめん素材で、きゅうり、なす、ほおずりをミニサイズにし、木製の台座付き。

水の子
蓮の葉の上に、洗ったお米とさいの目に切ったナスやきゅうりを盛りつけたものです。たくさんの霊をお迎えする時にみなさんに食べ物が行きわたるようにという思いが込められているとされています。

提灯
盆提灯は、虹の橋から帰ってくる時に迷わずに帰って来られるように目印として灯りともすのに必要とされています。大きな提灯ではなくても、最近では省スペースに置けるミニ提灯、火を使わないLED提灯など現代に沿った提灯も多くございます。
ペットちゃんには、お写真が入るオーダーメイド提灯を作ることもできます。
ペットちゃんらしい、かわいいミニサイズの提灯が人気です。

盆提灯のおすすめ


モダン提灯 桜(さくら) コードレス

モダン提灯 虹彩 アイリス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆にお迎えの準備品 お盆特集

亡くなったペットちゃんのお写真を提灯に入れることができる、オーダーメイドの盆提灯。

かわいい盆提灯、モダン盆提灯、ミニサイズ、コードレスなど盆提灯を品揃え。

迎え火、送り火、精霊馬などのキャンドルもございます。


お盆のお迎え準備品特集へ

コメント

  1. 木村八重子 より:

    昨年7月31日享年13歳9か月でモカは虹の橋に旅立ちました。
    腎不全で辛い治療にも乗り越え頑張ってきましたが、さすがに
    勝てませんでした。
    今年が初盆です。迷わず帰ってくれる様に今から準備しています。モカ大好きやで

    1. peacefully より:

      モカちゃんは、辛い治療にも耐えた頑張り屋さんだったんですね。
      今は、虹の橋のたもとで、元気に遊んでいると思いますよ。
      久しぶりのわが家で、楽しく過ごせるようにご準備してあげてください。
      モカちゃんも、楽しみに待ちすぎて、準備ができ次第、帰ってきているかもしれませんね。

  2. おおいさきこ より:

    最愛の愛犬ハニーの初盆を迎えます。昨年11月10日午後11時40分肺炎で私の腕の中で旅立ちました。15歳でした。3日苦しみましたが最期は安らかに。私が1番好きでしたからその後の事がわかっていたように。本当に賢い犬でした。待ってるよ

  3. おおいさきこ より:

    最愛の愛犬ハニーの初盆を迎えます。昨年11月10日午後11時40分肺炎で私の腕の中で旅立ちました。15歳でした。3日苦しみましたが最期は安らかに。私が体調不良になる前に旅立ち、賢い犬でした。ハニー待ってるよ

    1. peacefully より:

      大切なご家族が、お盆にまたわが家に帰ってきてくれる日が近づいてきましたね。
      大好きだった、おもちゃ、ごはん、おやつを用意して待っててあげてくださいね。
      ハニーちゃんもわが家に帰るのを楽しみにしていると思います。

  4. 瀬尾美和 より:

    愛猫のちびが初盆を迎えます。
    昨年の12月23日にまだ6歳の若さで腎臓病で旅立ちました。

    保護猫で家族になってまだ2年。
    もっと一緒にいたかったし、遊びたかった。

    今でも、ちっち(ちびの愛称)の気配は感じます。
    今は生まれ変わって私達の元に戻る準備中なんだろうなぁって思って、毎日お仏壇に手を合わせてます。

    今でもちっちは、大切な家族です。

    ちっちへ

    今、ちっちがいる所は暖かくて気持ち良い場所なのかな。
    その場所で、少しゆっくりして元気になってね。
    そして、その場所に飽きたら、またパパとママの所に戻ってきてね。
    待ってるからね。
    パパとママより

    1. peacefully より:

      ちっちちゃんは、2年間でもご家族皆さんと過ごすことができて喜んでいると思います。
      お盆んは、久々にお家に帰ってくると思いますので、好きだったおやつやごはんを用意して待っててあげてください。

  5. 愛犬プル-のおとちゃん より:

    昨年10月28日夕方 愛犬プル-は19歳と10日で天国へ旅立ちました。今年初盆です。
    あれから毎朝、毎夕プル-と歩いた散歩コ-ス写真持って歩いています。
    お盆は、帰って来いよ。

    1. peacefully より:

      ブルーちゃんもお空から、いつも一緒にお散歩についていっていると思いますよ。
      お盆にお家に帰るのを楽しみにしていたと思います。
      大好きな食べ物を用意して待っててあげてください。

  6. トラのママ より:

    トラちゃんに会えてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとう❣️
    野良猫だったけど、内に来てくれて、たまにお世話になっていたお家周りをしていましたね。あちらこちらでトラちゃんの事をお話しを聴きます。なので家の中だけに閉じ込めておくのが辛かったから出入りしていたけど、今となったら反省しかありません。ゴメンね
    事故に遭わなければもっと楽しい時間を過ごすことが出来ましたネ。ゴメンね
    大好きな私たちで迎えに行くからねね❣️
    お盆で帰って来ている間楽しもうね

    今迄ありがとう❣️❣️❣️

    1. peacefully より:

      トラちゃんも、「ありがとう」と言っていると思います。
      きっと「そんなに謝らないで」とも言っていると思います。
      思いがけないことで、別れが訪れてしまい、さぞやお力落としになったことでしょう。
      ですが、トラちゃんは、一緒に楽しい時間を「ありがとう!」としか思ってないと思います。
      お盆は、楽しい時間をまた一緒に過ごせるといいですね。

コメントを残す

*